fc2ブログ
  • 001 その刺激はどこかに効く(動画あり)
    脳幹出血、半身不随でした。その刺激はどこかに効く のです。  令和3年元日、突然、倒れました。左:発病時 右:リハビリ転院時 令和3年3月末、独歩杖なし歩行で退院。 本人による、本人の記録です。 【発症当時状況等】 ・年齢 :53歳 ・身長:168センチ ・体重:93キロ ・発病:令和3年1月1日 15:11 ・発病時状況   外出先のスーパー駐車場にて倒れる。   救命救急を...
  • --- 始動
    ある施設の上から、琵琶湖を眺めます。右端は竹生島 さてしばらく放置気味でした。何故ならトレーニングしたくても降雪期は天候不順過ぎだからです。端境の地に住んでいると晴れてもすぐに曇ってくる(!) 曇るだけならいいけども氷雨又は雪。これでは歩くにしても都合が悪いのです。今日はどうやら天候が久しぶりに安定しているようです。それで道の駅 水鳥ステーションから琵琶湖岸を歩くことにしました。 ビワイチの関係で...
  • --- 新しい気づき
     これは入院中のベッド。このL字のアングルを握りしめて、車椅子へ移乗していました。移乗時は看護婦さん達の監視をお願いして自力でした。当時は左足の感覚が腰から下、太ももあたりでは消失していたため、左側にいくら荷重をかけても無感覚。そんな状態でした。視界からなんとか平行(垂直)らしいと判断していました。それでも垂直に見えるもの、例えば窓枠などを見て補正ができる程度でした。 その頃、リハビリ室で許可を得...
  • --- 嚥下
     糖尿病対策もあり、朝食の基本はだいたいこんな感じです。この画像は何回も使っており、見覚えのある方は多いハズです。さて、ここでフランスパンにしているのは『硬いから』。 振り返りながらの記述なので、時系列はあまり正確では無いけども書いてみます。1)発病時 緊急搬送先ではICU→一般病棟へ行ってしばらくまで、鼻からチューブでした。数日後、口からの摂取の方が体力がつく(おそらく言語療法士さん)とのことで、チ...
  • --- 『リハビリ・自主トレ』について考えていること
     ここしばらくは、平日は帰宅後にこれを使ってウォーキングしています。 先日は山に走っていく大きな鹿と遭遇しました。距離にして5m。左右に気を配っていたら気づいたはずだけど、今回はノーガード。奴らはとにかくヤブへ突っ込んで行く。止まるとか進行方向を変えることはしない。あんなのと刺し違えたら大怪我は間違いないので、今後は威嚇用にホイッスルも首からぶら下げるようにします。(閑話休題) 以前、他の方が上げ...
  • --- 自主トレに関して映像資料
    『自主トレに関して』  やって後悔するか、やらずに後悔するか? 三途の川、かなり向こうから帰ってきたのだから、やらずに後悔などありえない。誰にも何も遠慮はしない。一度、死にかけているのだ、生きることに執着する。やれる時にやれることをやれるだけやってみる。失敗したらやり方を変えるだけ。座しているだけでは何も変わらない。ましてや能書きを書いているだけでは。自らが実践して記録に残す。失ったQOLは奪い返...
  • 109 現在の状況(2022/11/5)
     久しぶりに経過の報告です。現在の回復状況ですが、今回は全て動画で作成しました。自らの身体に刺激を入れ続けた結果、こうなりました。高血圧の放置リスクを伝えたい。そのためブログランキングに参加しています。脳卒中”のバナーボタンを押して頂けると幸いです。...
  • 108 比較する
     上のコースでおおよそ11.6kmの周回コースとなります。起点としてJR余呉駅を選んでいるのは、交通の便から考えて途中でリタイヤしやすいからです。どんな時でもまずはエスケープルートから考えをまとめていきます。たとえ里山であったとしても、リスクは充分に考慮する、他の方より体力がないということがわかっているだけにそこはシビアです。 さて上のコースでは1km程平地がありますが、他は全部山の中です。当然ですがコンビ...
  • 107 下見する
     天気の良いある日、伊吹山へ出かけました。今回は下から登るのではなくドライブウェイであがり、40分歩いて山頂へです。これはヤマトタケルの像なのですが、実は山頂はここではなく、三角点はここよりちょっと離れたところにあります。 さて今回の目的は『下見』です。以前から考えていた、伊吹山下山計画が果たして可能かどうか、これを冷静に判断するためです。登山における脚力は僅か6km程しかありません。実は6kmと言うのは...
  • 106 歩行するとは
     登山用のヘッドランプを使って日没後の農道を歩いています。300ルーメンのパワーは素晴らしく、これをつけたままで充分走れます。さすがはペツル、よく出来ています。ただし日没後ですので、体にエネルギーが有るかどうかで速度が激変しています。時速5km/hがどうしても保てなかったり、時速5.6kmが出たりするのは、トレッキング時のエネルギー切れと似ています。自主トレというより、もはやスポーツ化しているのかもしれません...

プロフィール

生きてりゃハッピイ♪

update 2022/05/08

 高血圧が原因で脳幹出血を起こし、令和3年元日、緊急入院しました。
搬送時の血圧は250。
搬送先の担当医は、そのような高い血圧を見たことがないと絶句。
脳死または植物人間の可能性も示唆され、社会復帰は不可能と診断された私。

 左半身不随でしたが、3ヶ月後独歩で退院。今では、

・体重  93kg→70kg(1年で-23kg)
・車運転 200km~
・歩行  17km/4時間
・ラン  2kmノンストップ
・自転車 15km程度
・登山  伊吹山1377m
     山麓から頂上まで登る
・山歩き 8km ハイキングレベル

その刺激はどこかに効く! のです。
その記録と考察です。

なお、今は糖尿病との戦争が主体になっています。